【必見】営業マンを辞めたいと思ったらどうする?

  • 2021年1月11日
  • 雑記
  • 7View
  • 0件

こんにちは、マクポです。

今回は営業マンを辞めたいと思ったらどうしたらよいかについて書いていきます。

皆さんご存知の通り営業マンはすごくハードな職種です。

  • 毎月ノルマに追われる
  • お客様からクレームが入る
  • 休日も休めない
  • 上司に怒られる
  • 労働時間が長い

などなど多くのネガティブ要素があります。

そのような環境なので営業マンを辞めたいという声は非常に多く聞きます。

 

そこで今回は営業マンを辞めたいと思ったらどうしたらよいか、

元トップ営業マンの私が、考え方や対処法をお伝えします。

 

 

スポンサーリンク

営業マンを辞めたいと思ったら

結論から言うと営業マンを辞めたければ辞めた方がいいです。

やりたくないことをやっていても成果は中々付いてきませんし、面白くありません。

そして何より身体に良くないです。

 

クレームや罵声を浴びせられてうつ病になってしまったり、

ストレスからの暴飲暴食で生活習慣病になってしまったり、

休日返上で働いて家族や恋人との時間が取れず家庭崩壊してしまったり・・・

 

たった一回の自分の人生です。

心から嫌な仕事を無理してやることはないです。

今の時代、お給料の差を抜きにすれば仕事は自由に選べます。

ノルマがない、残業や休日出勤も無い職場に転職すればいいだけです。

 

 

本当に嫌で嫌で仕方がない時はやりがいを見出せません。

そんな毎日が長期間続くようなら今すぐやめましょう。

人生の無駄です。

 

そもそも営業マンに向いていない人

仕事むいてない

営業マンには向き不向きがあります。

  • コミュニケーションをとるのが苦手な方
  • 嫌なことをズルズルと引きずってしまう方
  • 変なプライドが高い方
  • 優しすぎる方

 

コミュニケーションをとるのが苦手な方

営業マンはコミュニケーションをとってなんぼの職種です。

コミュニケーションをとるのが苦手なのは営業マンとして致命的です。

人並みにもコミュニケーションとれないのに、商品をおすすめして買ってもらうのは相当難儀です。

今からでも遅くないです別の仕事を探しましょう。

 

 

嫌なことをズルズルと引きずってしまう方

営業マンは先述の通り、嫌なことが多々あります。

誰でも嫌なことがあったらへこみます。

しかし、すぐに切り替えられて進んでいける人だけがトップ営業マンに近づけます。

 

一回の嫌なことを何日も引きずってしまうようでは毎日へこんだままです。

そんな状態でお客様と笑顔で親身に話ができるでしょうか?

かなり難しいと思います。

 

 

変なプライドが高い方

営業マンにとってプライドが高いのはむしろいいことだと思います。

同期に負けたくない、安い給料じゃ恥ずかしいと思うようなプライドは良いプライドです。

 

変なプライドとは、

お客様にお願いをしたくない、分からなかったり悩んでいても人には頼りたくないみたいなものです。

営業マンが主導権を握っていることは大切ですが、

そうは言っても「私から買ってください。お願いします。」

という気持ちがないと言動に現れず成約に繋がりにくいです。

 

また、「年下には聞きたくない!」

とか言うスタッフがいますが

私からすると「何言ってんだ?」って感じです。

 

聞けば1分で分かることを聞かないで、その後の仕事が上手く回らなければ自分の評価が下がるだけです。

自分で自分の首を絞めているだけなので今すぐそんな変なプライドは捨てましょう。

 

 

優しすぎる方

お客様には優しく親切でなければいけませんが、時として強引にいかないといけない場合もあります。

何回か話しているのにまだお客様が迷っていて、そんな時に

「じゃあまた来週お話ししましょう」と言ってしまうと熱が冷めて購入に至らないことがあります。

 

お客様の背中を押すことも大切な仕事です。

嫌われたくないとか怒られるとか思ってしまい優しく振る舞っていても中々良い成果は出ません。

 

話の感じで押すのか引くのか難しいですが、

優しすぎていつも引いてしまう方はやはり営業マンには向いていないでしょう。

 

 

キツいけどやりがいを感じられるなら続けよう

キツくて辞めたいと思っていてもどこかにやりがいを見出せる方は続けた方がいいです。

私自身も営業マン時代は嫌で嫌で辞めたい時は多々ありました。

売れていない時のプレッシャーやクレームなどなど・・・

 

でも私の場合、

絶対トップ営業マンになって良い給料をもらう!とか

みんなの前で表彰されたい!とか

ご成約頂いた時の達成感が心地よい!と思っていたので頑張れました。

 

絶対に営業マンになりたくなければ、営業マンとして就職していないはずです。

営業マンになったのなら心のどこかにやりがいを持っているはずです。

 

それが嫌なことがあっても消えずに残っているような方はやめてしまうのは勿体無い気がします。

 

どんな仕事でも嫌なことはあると思います。

少し嫌なことがあったからと言って辞めていたらいつまでたっても成長できません。

 

営業マンは会社の花形です。

営業マンなくして会社は存続できませんので自尊心を持って、

自分が会社を支えているんだ!と奮い立たせましょう。

 

その気持ちになるために私の場合は、

呑みに行ったり、ドライブをしたり、買い物をしたりストレス発散していました。

仕事は頑張らないといけませんが、頑張るために息抜きが必要です。

 

何か没頭できる趣味があると休日に大分リフレッシュできますので、

是非探してみて下さい。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

営業マンを辞めたくなったら辞めてOKです。

自分の一回きりの人生ですから悔いのない人生にしてほしいです。

 

正義感の強い方は、

「辞めるとお客様に迷惑が掛かる、会社に迷惑が掛かる」と言います。

 

が、そんなことは気にすることありません。

自分が一番大切ですよ。

 

営業マンはみんな頑張ってます。

夏も冬も晴れの日も雨の日も毎日頑張ってます。

我慢して耐えなければ成長できないとも思います。

 

だけどどうしても嫌で辞めたい時は辞めて下さい。

身体を壊す前に心機一転する勇気も必要です。

 

この記事が皆様のお役に立てると嬉しいです。

スポンサーリンク
仕事辞めたい
最新情報をチェックしよう!